1. 睡眠薬通販|眠れない悩みから助けてくれる薬とは   >  
  2. 睡眠薬と不眠症の関係

睡眠薬と不眠症の関係

眠れない夜

不眠症かも…と悩みの原因となる症状は人それぞれ。睡眠障害にはいろいろな種類があり、現れる症状も人によって異なります。

睡眠障害は4つに分類されていて、自分の不眠はどういった症状なのかを把握しておくことも治療を進める際には必要です。

・入眠障害/横になってから30分〜1時間以上経っても寝つけない
・中途覚醒/一度は寝ついても夜中に何度も目覚めてしまう
・熟睡障害/睡眠時間はとれているのに、熟睡した感じがしない
・早朝覚醒/起床の予定時刻より2時間以上早く目が覚めてしまう

ひとつの症状に悩まされる人もいれば、複数の症状が同時に現れる人もいます。最も多くの人が患っていると言われているのが入眠障害。
病状に応じて、治療法や用いられる睡眠薬は異なってきます。
入眠障害には、効き始めるのが早い「ルネスタ」や「ハイプナイト」を。どちらも非ベンゾジアゼピン系で、脳の緊張状態を落ち着かせてくれます。スッと入眠できて翌朝までしっかりと眠れ、朝はスッキリと起きられるので、睡眠薬を使うのは初めてという人にもおすすめです。

時差ぼけや昼夜逆転の生活から体内時計が乱れている人には、太陽の動きと身体の働きを合わせてくれる「ロゼレム」が有効。継続服用してもほとんど副作用がないので、夜更かしがやめられないという人、比較的軽度の不眠症の人にもぴったりです。

精神科で処方してもらうだけでなく、睡眠薬を取り扱う通販サイトにもさまざまな種類の薬が揃っているので、自分の症状を把握していれば効果的な薬を選ぶことができるはず。
不眠症と睡眠薬の相性についての認識を深めておくといいですね。